スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<死傷事故裁判>刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ(毎日新聞)

 昨年11月、滋賀県草津市で起きた交通死傷事故の裁判で、禁固3年執行猶予5年(求刑・禁固3年6月)とした大津地裁判決(3月17日)について、大津地検は控訴期限の31日、「量刑不当」だとして控訴した。実刑判決が少ない交通事故裁判で、猶予期間が最長の5年にもかかわらず、量刑不当で検察側が控訴するのは異例。控訴を求めて6回にわたり検察庁に陳情した被害者の思いが検察を動かした。

 草津市の総三保二(そうざ・やすじ)さん(当時69歳)と妻重美さん(64)は昨年11月、路側帯に進入した軽乗用車に後ろからはねられた。保二さんは約15メートル飛ばされて死亡し、重美さんも重傷。運転手の女性(31)はフロントガラスの割れた車を運転して約1.5キロ離れた勤務先へ行き、約1時間後に現場に戻るまで車の修理を頼んだり、「大変な事故を起こした」と友人にメールを送っていた。夫妻が病院へ搬送されたのはその後だ。

 運転していた女性は、自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕されたが、供述がはっきりせず、大津地検は最終的にひき逃げの立件は見送った。

 重美さんは公判も傍聴したが、ハンドル操作を誤った原因も現場から逃走した理由も釈然としない。判決を受けて重美さんら遺族は、3回にわたって地検を訪れ控訴を求めた。大阪高検、最高検にも陳情し、控訴期限の31日、再度地検を訪問した。重美さんは「被告が事故直後に通報してくれれば夫は助かったかもしれない。真相を追究してほしい」と話している。【林田七恵、前本麻有】

【関連ニュース】
常磐道引きずり死:運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決
盲導犬事故死:育成費基に294万円賠償命令 名古屋地裁
松山の白バイ衝突:「過失割合、元少年9割」 慰謝料請求を棄却−−地裁判決 /愛媛
常磐道のトラック引きずり:被告に猶予刑 救護義務違反は無罪−−地裁判決 /茨城
平川の消防車衝突:損賠訴訟 市が実質敗訴、双方に支払い命令 /青森

自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件(産経新聞)
高校無償化法が成立 4月1日施行(産経新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 FDAの心意気、感謝(産経新聞)
神奈川の男性2人不明=中央アルプス宝剣岳−長野県警(時事通信)

元親方、二審は懲役5年=時津風部屋傷害致死−名古屋高裁(時事通信)

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さん=当時(17)=が暴行を受け死亡した事件で、傷害致死罪に問われた元親方山本順一被告(60)の控訴審判決公判が5日、名古屋高裁であり、片山俊雄裁判長は懲役6年の実刑とした一審判決を破棄し、同5年の実刑を言い渡した。弁護側が量刑不当などを主張し、控訴していた。
 一審で弁護側は起訴内容を否認し、監督責任による業務上過失致死罪が成立するにすぎないなどと主張。執行猶予付き判決を求めたが、名古屋地裁は昨年5月、同被告の暴行指示を認定した上で、死亡との因果関係も認め、実刑を言い渡した。
 控訴審で弁護側は「暴行指示があったとする兄弟子の供述には食い違いも多く、共謀は成立しない。ぶつかりげいこは適法で、死亡との因果関係もない」と述べ、実刑は重過ぎるとした。
 検察側は「ぶつかりげいこは制裁目的で違法。共謀も成立する」として控訴棄却を求めた。 

【関連ニュース】
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明
元親方、4月に二審判決=暴行主導改めて否定
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇

<訃報>石本隆一さん79歳=歌人(毎日新聞)
「使い捨て社会」ようやく脱出?露リサイクル機運(読売新聞)
サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)

雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)

 島根県出雲市の建設コンサルタント会社「ワールド測量設計」などは25日、周波数を測定することで樹木内部の腐朽を調べる簡易診断装置「ぽん太」を開発したと発表した。

 超音波方式の機器などは大がかりな装置が必要で高価だが、ぽん太は9万9750円。ハンマーでたたくだけで診断が可能で、初期診断が誰でも手軽に行えるという。

 商品名は樹木をたたいた時の音からで、キャラクターにはタヌキを使用。開発に携わった担当者は「とにかく簡単。化かされたと思って使ってみて」と自信満々。【細谷拓海】

【関連ニュース】
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
鶴岡八幡宮:「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開
<写真特集>春の美しい草花がたくさん 毎日植物園
<特集>全国各地の桜情報
全国の桜開花情報

水俣病訴訟が和解、救済策と二本柱で決着へ(読売新聞)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)
ギョーザ容疑者拘束、26日深夜に中国から連絡(読売新聞)
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減−政府(時事通信)
亀井氏支持、閣内の異論に違和感…郵政政策会議(読売新聞)

<太陽の塔>黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)

 万博記念公園(大阪府吹田市)にある「太陽の塔」の黄金の顔の目玉(直径約2メートル)が27日夜、40年ぶりに点灯を再開した。大阪万博開催40周年記念事業の一環。28日以降も毎日、日没から午後11時まで光らせる。

 塔前広場であったセレモニーで、日本万国博覧会記念機構の中井昭夫理事長と来園者代表の児童らが目玉の点灯スイッチを押した。その後、緑色のレーザー光線が当たった塔前面に「1970年大阪万博」の文字や当時のパビリオンが浮かび、花火が打ち上がると、歓声が沸き起こった。両親に連れられて当時、万博に2回来場した吹田市の会社員の男性(46)は「気付けば40年たっていた。再び、この場所でこの光景を見るとは思わなかった」と話した。

 目玉の投光器は計128個の発光ダイオード(LED)を搭載。太陽の塔は芸術家の岡本太郎さん(1911〜96)の作品で、万博開催中は点灯していたが、経費面の理由などでその後は点灯していなかった。【土本匡孝】

【関連ニュース】
太陽の塔:目が光ります 3月27日から大阪・万博公園
帰りたい:あった、あった。 沖縄の本質を素手でつかみどり
県読書感想文・画コンクール:小中学生50人を表彰 /静岡
太陽の塔:「ともだちの塔」に変身! 映画「20世紀少年」プロモーション

<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)
認可保育園の民間委託延期 園長候補が相次ぎ辞退 練馬(産経新聞)

<運転見合わせ>JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)

 23日午後7時18分ごろ、JR埼京線の新宿−池袋駅間で架線トラブルがあり、同線の大崎−大宮駅間、一部並行する山手線と湘南新宿ラインの全線が運転を見合わせた。JR東日本によると、埼京線の池袋−新宿駅間で3本の電車が乗客を乗せたまま、立ち往生しているという。

【関連ニュース】
ガンブラー:欧州サーバー感染源に 警視庁が国際捜査要請
JR羽越線事故:「突風は予測不可能」で不起訴処分に
雪:中央線でポイント凍結 下り20分間止まる
JR高円寺駅:男性が転落、はねられる
転落防止ドア:恵比寿駅6月26日設置 目黒駅は8月

<日中韓首脳会談>5月末に済州島で開催へ(毎日新聞)
雑記帳 議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)
【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)
CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)
タオル覆面の金髪男、コンビニで4万円奪い逃走(読売新聞)

愛子さまを市民ら歓迎=皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)

 皇太子ご一家は24日、静養のため新幹線で長野県入りされた。同県北部に1週間程度滞在し、スキーを楽しむ予定。
 あいにくの雨の中、途中のJR長野駅に到着したご一家を大勢の市民らが出迎えた。愛子さま(8)は右手にバッグを持ちコート姿で、学校生活に不安感があることが明らかになってから初めて公の場に姿を見せた。ご夫妻はにこやかに手を振り、愛子さまと車に乗り込んだ。 

【関連ニュース】
【特集】バンクーバー冬季五輪
「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕
眞子さまと佳子さま卒業式
不明男性の死亡を確認=蔵王の雪崩
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性は救助

<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)
桜 東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中−兵庫県警(時事通信)
<非核三原則>鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請(毎日新聞)
スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)

<シー・シェパード>抗議船船長の拘置延長(毎日新聞)

 調査捕鯨船の監視船に侵入したとして艦船侵入容疑で逮捕された反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーで抗議船の船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)について、東京地裁は23日、4月2日までの10日間拘置の延長を認める決定を出した。

【関連ニュース】
シー・シェパード:第2昭南丸船長ら告訴
シー・シェパード:抗議船船長の拘置決定
シー・シェパード:捕鯨監視船を実況見分 容疑者立ち会い
シー・シェパード:今後の展開に不安の声も 船長逮捕
シー・シェパード:「被害者を逮捕」と団体代表が非難

眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
犬の頭に、歩く猫? =そっくりな島、宇宙から撮影−野口さん(時事通信)
妻と長女を殺傷 容疑の夫、遺体で発見 大分(産経新聞)
条例改正案知ってますか? 「知っている」75% 関心高く(産経新聞)
<不起訴>元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで(毎日新聞)

法人税減税に前向き=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日夕、法人税について「大企業も中小企業も含めて国際的な標準を考慮しながら考えていく」と述べ、減税に前向きな姿勢を示した。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
消費税、社会保障目的に=首相「税率極めて低い」
11年度引き下げに意欲=中小企業の法人税
6月までに論点整理=税調小委
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税
参院予算委の詳報

公明、子ども手当法案に賛成へ=与党が修正受け入れ、高校無償化も(時事通信)
【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(2)遅すぎた「再軍備が必要」への転換(産経新聞)
海保、警視庁が“厳戒態勢” シー・シェパード逮捕 (産経新聞)
東北の歯科技工士、嘆息 薄利と長時間労働で若手離職(河北新報)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)

京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)

 京都大は11日、多機能音楽プレーヤー「iPod touch(アイポッド・タッチ)」や携帯電話「iPhone(アイフォーン)」で講義内容を配信するシステムを開発し、4月から一部で運用を始めると発表した。

 動画やスライドなどを組み合わせて携帯端末に講義を配信するのは全国の大学で初めてという。

 その日の講義終了後、90分間のデータを配信。学生らは通学時間などを利用し、講義の様子を動画で見たり、音声で聞いたりして復習する。講義用のスライドも見ることができる。また、学生が教員に質問や感想を送り、回答を受け取る機能もあり、講義内容の改善や、学生のより深い理解に役立つという。

 情報教育推進センターの田中克己教授(情報学)のグループが開発。前期課程(4〜9月)では、同センターの情報教育科目19講義を配信。学生に半年間、「iPod touch」約100台を無料で貸し、システムを改善する。

 田中教授は「将来的には全学部での講義配信を目指したい。要望があれば、他大学に技術を提供したい」としている。

「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(5)アメリカが変えた日本(産経新聞)
<鳩山首相>ミス日本の女性7人が表敬訪問(毎日新聞)
警官が個人住所漏らす=採用前に恐喝未遂も−岡山(時事通信)
<トキ>富山で確認 08年に佐渡で放鳥(毎日新聞)

【集う】早乙女貢さん一周忌しのぶ会(2月8日、東京・丸の内の東京会館)(産経新聞)

 ■歴史作家の“士魂”会津へ

 呵々(かか)とした笑い声が、パネルから聞こえてきそうだった。着流し姿に満面の笑顔。献花台は、参加者の供えたウメですぐさまにぎやかになった。「会津士魂(しこん)」などの歴史小説で知られ、平成20年12月に逝去した作家、早乙女貢さん(享年82)の一周忌しのぶ会は終始、和やかな雰囲気で執り行われた。

 戊辰戦争を戦った会津藩士を曾祖父に持つ早乙女さん。幕末の会津藩の悲劇を描いた「会津士魂」は単行本で正続21巻に及ぶライフワークで、平成元年には吉川英治文学賞を受賞した。

 あいさつに立った作家で日本ペンクラブ会長の阿刀田(あとうだ)高さん(75)は、二十数年前に偶然同じマンションに越したのをきっかけに、常任理事だった早乙女さんからペンクラブへの入会を勧められたエピソードを紹介。「入会後、『ペンクラブ会員証はアメックスより信用性がある』と祝福された。でもその後、言われたほどいい思いをしたことがない気がします」と笑いを誘った。

 この後、遺言に基づき遺品整理などに取り組む「士魂の会」メンバーで文芸評論家の高橋千劔破(ちはや)さん(67)が、相続した遺産を使って日本文芸家協会の富士霊園に眠る早乙女夫妻の墓を今夏、近藤勇の墓もある福島県会津若松市の天寧寺に移すことを発表。「会津は先生が『心のふるさと』と言い続けてきた土地。皆さんのご協力をお願いしたい」と話し、今後同市内に早乙女文学を保存・検証する施設の設立を目指すことも明らかにした。

 会場には、テレビドラマ「白虎隊」主題歌で歌手、堀内孝雄さんの「愛しき日々」が、繰り返し響いていた。“会津色”一色に染まった会場で、参加者は早乙女さんの写真や趣味だった絵を眺めながら、在りし日の人気作家に思いをはせていた。(三品貴志)

自民への献金を日医連が凍結(産経新聞)
国公立2次後期日程試験始まる(産経新聞)
低気圧が関東沖から北上へ=大雪、暴風に警戒を−気象庁(時事通信)
昨年衆院選、1票の格差「違憲」…福岡高裁(読売新聞)
宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 即日
出会いランキング
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
携帯ホームページ
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    パトラッシュ (05/03)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    すかるしのぶ (04/28)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    リンデル (01/15)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    タンやオ (01/01)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    リョータ (12/27)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    モグモグ (12/17)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • <WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM